読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースプロジェクト公式ブログ

「フリーランスナース応援、看護師専門紹介、コンサル」ナース運営事業です。

先輩ナースが後輩に伝える3つの転職の掟

皆様こんにちは。

ナースプロジェクトの喜多です。

今日は転職をするときに気をつけなければいけないことを書いていきたいと思います。

 

 

ナースの職場は色々な意味で過酷ですよね。

ついつい転職を考えがちですが、転職しても、また新たな悩みが出てきて結局また転職、となってしまいがち。

さて、その原因は何でしょう?

色々失敗を重ねてきた私達だから分かるナースの転職の掟を3つ、ご紹介します。

 


その1『 自分が希望する新しい職場の条件に優先順位をつける 』

思い切って転職するのだから、そこそこ近くて、お給料が良くて、福利厚生充実、休日が多くて、定時に帰れて、スキルアップもできる所がいいなって思いますよね。

でも、働いてみたらきつい仕事だから続けられない!

で、転職。

良く聞くお話です。

こうならない為に、転職時は、自分が譲れない条件に優先順位をつけておきましょう。

例えば、

①旅行がしたいから、休みが多く取れる所 
②仕事が大変でもお給料が高い所
③寮に入れる病院  など

これでターゲットは絞られますから、その他の条件を比べながら希望の条件に一番近い所を探しましょう。
必ずしも希望が全て叶うわけではないことを理解しましょう。

 

その2『 自分の個性に合った職場を広い視野で選ぶ 』

今、ナースの職場は様々です。

新しい分野も登場し、ナースの活躍の場は広がっています。病院勤務に向いていない方でも、他の分野で活躍される方も少なくありません。

ほんの一例ですが、医療行為が苦手な方であればデイサービスや訪問入浴等。忙しい病棟が苦手な方であれば比較的小規模の、福祉施設や件数少な目の訪問看護という選択肢、コミュニケーションが苦手な方なら検診のように定型的な言葉でする仕事等、選択の幅は広がっています。

また、それらの職場によって求められる人材も違ってきます。

まずは、「ナースの職場にはどんな分野があるのか」から調べて見ましょう。

 

 

その3『 転職相談に乗ってくれる人をちゃんと選ぶ 』

貴方はどの方法での転職をお考えですか?

ハローワーク?ナースセンター?人材紹介?直接応募?

色々なナースの転職サイトでは、人材紹介会社を推奨しますよね。

でも、それで成功するケースも、失敗するケースもあります。若くて、経歴が良くて、バリバリ働きたい貴方は 好条件でお仕事を紹介してもらえるかもしれません。

でも、こじんまりとした訪問看護ステーションをご希望の方は、普通の人材紹介を使うと歓迎されない可能性が高いと思われます。

このように、希望の職場によっては紹介会社の利用が貴女にとってマイナスになることもあります。

 

また、看護の専門知識がないコンサルタントが、ナースの細かいニーズに応えた職場を紹介することは容易ではないでしょう。コンサルタントは選ばなければなりません。

それでは、例えば看護師経験1年未満で転職をお考えの人は、どんな方法で職場を探せばよいのでしょうか?

このケースでは、相談場所としてe ナースセンターをおすすめします。まだ基礎的スキルが未熟で引き続き教育が必要な段階なのに紹介料が発生する紹介会社を使うと、採用されにくくなるからです。

私共では このようなケースではお話を伺ったうえで、いくつか候補の病院をお伝えし、直接応募をお勧めしています。

 

貴方は仕事探しの相談を誰にしますか?中立的な立場からきちんとしたアドバイスをしてくれる人が周りにいますか?

 

❰看護師紹介の新しい選択❱

看護師の仕事相談といえばe ナースセンターですが、今、民間の紹介会社でナースが運営に携わり、コンサルタントをしている所が複数あります。

そこでは分野のプロナースがきちんと仕事の説明やアドバイスをしています。


私たちナースプロジェクトは、その先駆けとして、ナースの方々のお仕事探しのご相談を承っています。

 

 

 

看護師転職・アルバイトならナースプロジェクト

www.kitaie-medical.com