ナースプロジェクト公式ブログ

「フリーランスナース応援、看護師専門紹介、コンサル」ナース運営事業です。

ドキドキ施設ナース 第3回~有料老人ホーム看護師ブログ

nursemedia.

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いので、日々学んでいます。今回は第三回。第一回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」

「あなどるなかれ!点眼 VOL.3」

 

ここでは点眼の最難関レベルがとても多いです。

次に苦労したのはこのお二人。

まず、この方。

極度の円背

声かけに無反応

認知症

軽く体の一部触れただけで嫌がり、目をギュットつぶる。顔はさらに真下を向いてしまう。

基本的に1日中閉眼

 

この方は、リクライニングや臥床等の体位で声をかけて、下瞼を下げると同時に一瞬で点眼をするしか今のところ思いつかず。

しかし、ちょっとタイミングが遅れるとガッチリ目は閉じられてしまいます。

無理矢理やろうとすると、それはもはや戦いか虐待みたいになってしまう様相なので、一旦間を取ってやり直します。

しかも目薬は2種類。1日3回、両眼。

もっといい方法があったら教えて欲しい

 

そしてこの方。

すべてのケアに拒否が強く叩く、つねる、かじる、唾をかける、暴言を吐く。

これは本当に困りました。

どのスタッフにも心を許す事なく、皆困り果てていました。

1日3回。 

ふうーっ ε- (´ー`*)ー 💦

 

どうしたらいいのか・・・

つづく…

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

老人ホームには、点眼が不可能と思われる方もいらっしゃいます。

でも、医師の指示や、ご家族のご希望をふまえ、あの手この手の作戦が繰り広げられます。

 

点眼一つにも創意工夫が必要なのは小児科でも同じこと。

 

現場では、色々な知恵を振り絞ります。

 

さて、この暴言、暴力のおばあちゃんの点眼、どう展開していくのでしょうか?

 

 

 

ナースプロジェクトは転職にまつわるご相談をお受けしています。

mail;nurseproject@kitaie-medical.com

ナースプロジェクト公式サイト 

www.kitaie-medical.com

ナースプロジェクト公式Twitter