ナースプロジェクト公式ブログ

「フリーランスナース応援、看護師専門紹介、コンサル」ナース運営事業です。

ドキドキ施設ナース 第4回~有料老人ホーム看護師ブログ

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いですが、東京のホームとのギャップは大きく、日々学んでいます。今回は第四回。第一回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」

# 軟膏処置じゃなくエステでしょ、これは!

abashiri0I9A0021_TP_V

 *写真ははイメージ画像です。

勤務初日の午前中は、まず先輩看護師さんの説明を受けながら点眼を回りました。

さて、お次は処置で定番の軟膏塗布からです。

先輩ナースから、

「この方は、10時きっかりに訪室し、両足に丁寧にヒル○○ド軟膏を5分以上かけて塗ってください。」

と、居室の前の廊下でこっそり説明されました。

ヒル○○ドイド軟膏とは、皮膚の保湿剤です。

(きっかりって無理じゃない?軟膏塗布もどんなに頑張っても2分が限界でしょ・・・) 

と心で思いつつの入室です。

「○○さん、軟膏を塗りに来ましたよ。こちらは新しい看護師さんの○○さんです」

と先輩ナースは丁寧に挨拶をして私を紹介してくれました。

私も挨拶すると、その方はにこやかな笑顔で挨拶してくれました。(あら、意外と普通。)

しかし、先輩ナースが足浴していたその方の足を丁寧に拭いて、軟膏を手に取ると、

「指の間もきちんと拭いてな!」と指摘がズバッ。

 

もう一度拭いて、いよいよ軟膏です。

 

さぁ、ここから5分。

先輩ナースも時計をちらっと見ます。

 

例の軟膏をチューブから、出して先輩ナースが塗ろうとすると、

 

「そんなケチってどうすんの!たっぷりつけてぇな!」と、速攻指摘。

 

(いえいえ、ケチってるんじゃなくて適量・・・)心の中でツッコんでみる私。

 

先輩ナースは、ピンクのチューブの半分ほどをドバっと出し、足先から塗り始めます。

足の親指から始まり、小指まで1本1本丁寧に・・・

熱い視線を感じながら、反対の足も同じように。

そして足首からふくらはぎへと上がる。

するとすかさず、

 

「足の指、もっとやって!」

 

と言われ、また足指のマッサージへ戻る・・・。

 

先輩ナースの手さばきは、もはやマジエステシャン!

 

(もはやこれは医療行為ではない!マッサージサービスだ!)

 

この過程を何度か繰り返してようやく5分を超えたころ、

 

「はい、もう大丈夫ですか?」

 

と寛大な先輩ナースが優しく声をかけました。

 

しかし、

 

「ケチケチしないでもっとやりいな!タダで入っとんのと違うよ、私は!」

 

後ろで見ていた私は、聞いたことのないそのセリフに度肝をぬかれてしまいました。

それでも先輩ナースは動じず、冷静に追加軟膏塗布マッサージサービスを行っています。

 

軟膏は、1本を使い切りました。

 

そして何事もなかったように先輩ナースは、ご挨拶をして退室されました。

 

これはもしかして普通レベルの会話?驚く事じゃない?

 

やっていけるかなぁ・・・と不安が頭をよぎります。

 

 

つづく…

 

*このブログは個人情報保護、職場の守秘義務の観点から、内容を工夫して書かれたものです。

 

ナースプロジェクトは転職にまつわるご相談をお受けしています。

mail;nurseproject@kitaie-medical.com

ナースプロジェクト公式サイト 

www.kitaie-medical.com

ナースプロジェクト公式Twitter