読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースプロジェクト公式ブログ

「フリーランスナース応援、看護師専門紹介、コンサル」ナース運営事業です。

これから看護師になる君へ

headlines.yahoo.co.jp

 

 看護協会が提言しているという、看護師の過労死ラインは、「月残業60時間」。

しかし、これを超えて働いている看護師は、全国で推定2万人と言われています。

 もちろんストレスの多い職場程 過労死リスクは高くなるので、この時間より短くても過労死や、心身の不調が起こるケースも考えられます。

 また、仕事の習熟度、熟練度によってもリスクは変わってきますから、仕事に不慣れな若い看護師は、過労死のリスクが高いといえると思います。

過労死までいかなくても、体調不良を起こすケースも少なくありません。

 

看護学生さんの中には、救急医療に憧れて看護師を目指した方も多く、資格を取って、晴れて念願の職場へ、という方も多いと思います。

救急部でなくても、医療の最前線の他科でこれから働こうという方がほとんどだと思うのです。

でも、敢えて今から言います。

大病院という職場が合わない場合があります。

シビアな現場が合わない場合もあります。

夜勤で体調を崩す方もいます。

医療行為をするという事が向いていない場合すらあります。

 

人を看護するという優しい心をもって、シビアな現場でタフに働くという、これは容易な事ではありません。

だから大病院でうまくいかなくても落ち込まないで下さい。

看護のフィールドは、あなたが思っているよりずっと広い。

人は一人一人違うから、看護師一人一人も適性が違います。

現在、職場の仕事が大変で辛い思いをしている方は、

一度立ち止まって考えてみることも大切です。

私達は、看護師の仕事についてのプロです。

皆さんと同じように大変な思いを経験してきて、今ここに辿り着いています。

若い皆さんが看護の仕事をやりがいをもって出来るようにサポートをさせて頂くのが、今の私達の使命です。

一般のコンサルタントではできない、看護の仕事のナビゲートは

私達ナースプロジェクトにお任せください。