レアな看護師のここだけの話!ナースプロジェクト

ナースにとってためになる情報をナースが書いています。そこいらのありふれた情報なんか書かない、あまのじゃくな私達。しかもホントの事しか書かない。だって私達は看護師だから。

業務内容では伝わらない未経験分野の看護の仕事

病院で経験を積んで、介護分野で派遣をしようとしている皆さん、

その派遣を始める前に知っておかなければならない事があります。

 

1.高齢者施設の”業務内容 ”

施設などの案件を紹介された時に、

「あッ、この業務なら大丈夫かも」

って、みんな思うんです。

バイタル測定

入浴判断

与薬

インシュリン管理

IVH

経管栄養

往診介助

 

どれもやったことがありますからね。

業務としてみるとそれだけなのですが

看護としてみると違います。

 

2.高齢者施設の看護

高齢者の看護

認知症の看護

精神疾患の看護

消化器・循環器・整形外科・・・

色んな事が付随してきます。

看護のケアを現場で実践する時に

介護士さんにお願いしなければならない事も沢山ありますが

そこにもコツがあります。

 

 

職場に常勤の看護師さんがいればいいけれど

派遣だけの施設もあります。

 

これ、経験の浅い人に務まるのか・・・

逆に経験の浅い方は、怖さを知らずにGOしちゃう。

 

3・雇う側の事情

残念ながら雇う方は、派遣は業務さえできれば、って思っています。

だから、看護師免許さえあれば大丈夫!って仕事を勧められる。

派遣を受けいれる側は、人手不足なので

藁をもつかむつもりで受け入れます。

 

しかし

 

経管栄養の経験がなくて、経管栄養の方が沢山いる高齢者施設の夜勤ができますか?

 

急変対応が出来ないのに、施設の夜勤は大丈夫なんでしょうか?

 

(実際に合った事例です。)

 

 

*こんな派遣をされてくる看護師には、
医療ミスが隣り合わせです。

 

4.資格があるから責任もある

何かあった時に責任を負うのは看護師です。

だから国家資格が付与されています。

だから、仕事を選ぶ時は慎重にならなければいけません。

特に派遣では。

賠償保険に加入していればいいけれど

未加入の方も沢山います。

経験の浅い人ほど、未加入が多いです。

 

仕事を選ぶ時は、業務内容で選ぶのは大切。

でも、どうか看護の内容でも選んで欲しい。

看護をする時の怖さも知ってほしい、と思います。

 

そして、例え派遣だとしても、ケアを受ける方にとっては

看護師は看護師です。

 

業務をするのではなく、看護を提供してほしい。

だって、看護師だから。

 

ただ、未知の分野になると、初めての時はそれが分らないと思います。

だから、私達は必ず看護の仕事としての説明をしています。

 

以前、同じ職場に来た派遣看護師さんは、

施設は初めてだけど、コーーディネーターさんに仕事を説明されて

施設を選んだ、と言いました。

その人は見事なまでに、業務としてのお仕事をしていました。

 

私は、看護師の仕事は、業務に看護の心が加わって
初めて「看護」になると思っています。

 

その看護は、看護師でなければ伝えられない部分だと思います。

 

私達の転職・派遣の相談は、職場情報・業務内容だけでなく

「看護」の内容を伝えています。

 

ご相談は

peraichi.com