ナースプロジェクト公式ブログ

「フリーランスナース応援、看護師専門紹介、コンサル」ナース運営事業です。

”朝は納豆じゃなきゃ!”の人は、転職リスクが高い!?

変なタイトルでごめんなさい。

これは、以前、テレビでやっていた、

~「朝は納豆じゃなきゃ!」の人は離婚リスクが高い~

をパロってみたものです。

 

どういうことかというと、

「朝は納豆じゃなきゃ・・!」というのは、

物事へのこだわりの強さを例えた一例です。

 

「毎日帰ったらすぐシャワーを浴びなきゃ!」

「男性は○○じゃないと!!」

「流しを使った後に拭かないのは耐えられない!」

「洗濯物は決まった畳み方じゃないとイヤ!」

「仕事場は、こうあるべき!」

「感染管理はこうあるべき!」

「これが出来ていないのは看護師の職場としてはあり得ない!」

 

 こだわりの強い方は、自分の嗜好、やり方がはっきりしている傾向があります。

だから、そのやり方に合わない事が出てきた時に、

自分が合わせる事が苦痛になります。

 

 夫婦であれば、こだわりの強い人は、相手に、自分に合わせる事を求めてしまう。

だから、離婚率が高くなる、というお話でした。

 

これは転職にも言える事です。

就職するという事は、

ある意味、自分がその職場に合わせて働く、という事です。

 

だから、譲れない部分を多く持つ方程、

新しい職場に違和感を持つ確率が高いのです。

 

職場が変わればやり方も違う。

看護観ですら変わってきます。

 

職場って、新しく来る方のためにあるものじゃないから、

転職っていうのは、言い換えれば違和感だらけ。

 

それが人によっては、新鮮味だったり、ワクワク感だったりでもあります。

 

自分が、その分野に行きたくて、良く調べて転職した場合は

その違和感は期待感でかき消されてしまうかもしれません。

 

 

新しい職場への違和感は、事前情報で

ある程度減らせる可能性があります。

 

特に、メリットだけでなくデメリットも知って転職する事、

これが転職を成功させる一つのコツです。

 

ところが、このメリット、デメリットをきちんと伝えてくれる人って誰だろう?

 

それは、その分野(もしくは職場)で働いた経験があって、客観的に物事を伝えられる人がベストです。

 

同じ職場でも、伝える人の見方によって、メリット、デメリットですら変わってきます。

 

だから、「私は、こだわりが強い方だ。」と思う方は、信頼できる所から

よ~く情報を得て転職する事をお勧めします。

 

 

私達ナースが発信する情報やイベントは、皆様がナースとしての

自分の未来を描く事ができるよう行っています。

 

皆様の声もお待ちしていますね。

 

nursemedia.jp

 

お仕事のご相談はこちらからもどうぞ!

nurseproject.net